調査概要

「高等教育機関が求める人材像」に関する実態調査

平成27年度の調査では、多様化している入試方法においてアドミッション・ポリシーがどのように生かされているのか、入学後の学生の育成や教育内容等について、全国の大学院学科長、大学学部長、短期大学学科長を対象に実施しました。

「企業における人材育成」に関する実態調査

企業の人材育成のために実施されている様々な社内教育制度や試験の実施状況等の実態を調査し、これからの時代に向けた人材育成の問題点・改善点を検証しています。

(イメージ)

大学院・大学(通信制含む)の社会人受入に関する調査

大学・大学院を目指す社会人の皆さまに向けて、「社会人特別選抜入試、および社会人に配慮した諸制度」の内容に関する情報を掲載しています。

情報サイト『リマナビ』もあわせてご活用ください。

(イメージ)

外国語教育における「CAN-DOリスト」の形での学習到達目標設定に関する現状調査
《中・高・中高一貫校対象》(公益財団法人 日本英語検定協会からの受託調査)

平成23年6月に文部科学省より発表された、「国際共通語としての英語力向上のための5つの提言と具体的施策」の「提言1:生徒に求められる英語力について、その達成状況を把握・検証する」に焦点をあて、継続して実施している調査です。

さらに、平成25年3月 文部科学省発表の「各中・高等学校の外国語教育における『CAN-DOリスト』の形での学習到達目標設定のための手引き」についての認知度、進捗度等を調査し、取り組みの成果と課題を検証しています。

(イメージ)

小学校の外国語活動及び英語活動等に関する現状調査(公益財団法人 日本英語検定協会からの受託調査)

平成23年度の小学校での外国語活動必修化以来、継続して実施している調査です。

平成27年度の調査では、2020年を見据えて発表された、文部科学省による小学校の英語教育の方針(5・6年生の正式な教科化等)に関する質問を中心に、小学校現場の意見を集約しています。

(イメージ)